活動から探す> 国際会議・国際交流
分野から探す> 国際化・情報化関係・過疎対策関係

欧州評議会・地方自治体会議について

 10月15日(木)、欧州評議会(本部 仏ストラスブール)から外務省を通じ、本会に対し、欧州評議会の諮問機関である地方自治体会議の第17回会合への招聘(講演依頼)があり、全国知事会を代表して、西川一誠福井県知事が地方自治体会議リージョナル院の会議に出席し、「日本の地方自治の現状、課題および展望」をテーマに講演を行いました。同会議への知事の招聘は佐藤福島県知事(平成18年)、古田岐阜県知事(平成19年)、荒井奈良県知事(平成20年)に続き、今回で4回目となります。
 なお、講演終了後、西川知事が欧州評議会のミカレフ・ローカル院議長兼地方自治体会議議長代行並びにスフィルロアガ・リージョナル院議長へ表敬訪問(ボーネル地方自治体会議事務局長同席)を行いました。