分野から探す> 地方分権関係
分野から探す> 地方行財政関係
活動から探す> 国との意見交換
活動から探す> 政党関係

今国会における生活関連法案等の早期成立及び地方の役割を踏まえた「社会保障と税の一体改革」についての意見交換について

 3月4日(金)、麻生全国知事会会長(福岡県知事)は、与謝野社会保障・税・一体改革担当大臣、石破自由民主党政務調査会長、野田自由民主党税制調査会長、逢沢自由民主党国会対策委員長、井上公明党幹事長、石井公明党政務調査会長、漆原公明党国会対策委員長及び斉藤公明党税制会長と面談し、生活関連法案、地域主権関連3法案及び総合特別区域法案の早期成立や、地方の役割を踏まえた社会保障と税の一体改革について意見交換を行いました。
 意見交換時の資料は、下記のとおりです。

(問い合わせ先:調査第一部 03-5212-9130)

20110304_1_8554.JPG

与謝野社会保障・税・一体改革担当大臣との意見交換の様子

20110304_2_8542.JPG
石破自由民主党政務調査会長との意見交換の様子

20110304_4_8564.JPG
野田自由民主党国会対策委員長との意見交換の様子

20110304_3_8571.JPG
逢沢自由民主党税制調査会長との意見交換の様子

h230304_5_DSCF2075.jpg
公明党との意見交換の様子

・地域主権関連3法案の今国会での確実な成立を求める
・総合特別区域法の早期成立について
・地方の役割を踏まえた「社会保障と税の一体改革」を求める
・記者会見概要