3月4日(金)、麻生全国知事会会長(福岡県知事)金子全国都道府県議会議長会会長(鹿児島県議会議長)、古川副会長(佐賀県知事)、上田埼玉県知事は、菅内閣総理大臣、片山総務大臣及び逢坂総務大臣政務官と面談し、地域主権関連3法案及び総合特別区域法案の早期成立や、地方の役割を踏まえた社会保障と税の一体改革について意見交換を行いました。また、それに先立ち麻生会長、金子会長、古川副会長は枝野内閣官房長官とも面談し、意見交換を行いました。
 なお、意見交換終了後、都道府県会館において麻生会長が記者会見を行いました。
 意見交換時の資料は、下記のとおりです。

(問い合わせ先:調査第一部 03-5212-9130)

h230304_1_8596.JPG

菅内閣総理大臣等との意見交換の様子①

h230304_2_8613.JPG
菅内閣総理大臣等との意見交換の様子②

h230304_3_8573.JPG
枝野内閣官房長官との意見交換の様子①

h230304_4_8579.JPG
枝野内閣官房長官との意見交換の様子②

h230304_kaikenDSCF2083.jpg
記者会見の様子

・地域主権関連3法案の今国会での確実な成立を求める
・総合特別区域法の早期成立について
・地方の役割を踏まえた「社会保障と税の一体改革」を求める
・記者会見概要